クラス O2Job_QueryDat

#include <O2Job_QueryDat.h>

O2Job_QueryDatに対する継承グラフ

O2Job O2Protocol_Dat Mutex O2Protocol

すべてのメンバ一覧

Public メソッド

 O2Job_QueryDat (const wchar_t *name, time_t interval, bool startup, O2Logger *lgr, O2Profile *prof, O2NodeDB *ndb, O2KeyDB *kdb, O2KeyDB *qdb, O2DatIO *dio, O2Client *client)
 ~O2Job_QueryDat ()
void SetBaloonCallbackMsg (HWND hwnd, UINT msg)
void AddRequest (const O2Key &key)
size_t GetRequestQueueCount (void)
void JobThreadFunc (void)

Protected 変数

O2LoggerLogger
O2ProfileProfile
O2NodeDBNodeDB
O2KeyDBKeyDB
O2KeyDBQueryDB
O2DatIODatIO
O2ClientClient
O2KeyList RequestQueue
HWND hwndBaloonCallback
UINT msgBaloonCallback


説明

O2Job_QueryDat.h26 行で定義されています。


コンストラクタとデストラクタ

O2Job_QueryDat::O2Job_QueryDat ( const wchar_t *  name,
time_t  interval,
bool  startup,
O2Logger lgr,
O2Profile prof,
O2NodeDB ndb,
O2KeyDB kdb,
O2KeyDB qdb,
O2DatIO dio,
O2Client client 
) [inline]

O2Job_QueryDat.h44 行で定義されています。

O2Job_QueryDat::~O2Job_QueryDat (  )  [inline]

O2Job_QueryDat.h67 行で定義されています。


関数

void O2Job_QueryDat::SetBaloonCallbackMsg ( HWND  hwnd,
UINT  msg 
) [inline]

O2Job_QueryDat.h71 行で定義されています。

void O2Job_QueryDat::AddRequest ( const O2Key key  )  [inline]

O2Job_QueryDat.h77 行で定義されています。

size_t O2Job_QueryDat::GetRequestQueueCount ( void   )  [inline]

O2Job_QueryDat.h87 行で定義されています。

void O2Job_QueryDat::JobThreadFunc ( void   )  [inline, virtual]

O2Jobを実装しています。

O2Job_QueryDat.h92 行で定義されています。


変数

O2Job_QueryDat.h32 行で定義されています。

O2Job_QueryDat.h33 行で定義されています。

O2Job_QueryDat.h34 行で定義されています。

O2Job_QueryDat.h35 行で定義されています。

O2Job_QueryDat.h36 行で定義されています。

O2Job_QueryDat.h37 行で定義されています。

O2Job_QueryDat.h38 行で定義されています。

O2Job_QueryDat.h39 行で定義されています。

O2Job_QueryDat.h40 行で定義されています。

O2Job_QueryDat.h41 行で定義されています。


このクラスの説明は次のファイルから生成されました:

Mon Mar 24 23:13:33 2008に生成されました。  doxygen 1.5.5